腸にいいことあるかも!朝活酵素で心地良い生活

「朝活酵素」は生酵素サプリメントとして、腸内環境の向上に有効的です。とりわけ生酵素であることにこだわっていて、有能な原料をしっかり届けられるようになっています。その「朝活酵素」を正確に摂り入れて生活習慣の改良を目指す事が、快適な腸内環境への手近な方法なのです。腸内環境が整うことで身体も健常になるでしょう。そこで「朝活酵素」のマテリアルやこだわりについてご紹介します。腸内環境にお困りの方は、参考にしてください。

朝活酵素は「生」にこだわった酵素サプリ

「朝活酵素」は「生」であることに固執した酵素サプリです。生酵素・生酵母・生麹の3つにこだわり、カラダの中からスッキリできるように作られています。腸内環境が乱れていることは、排出が快調でなく体に負担がある状態です。また、ストレスや不規則な食事を繰り返すと、酵素は減少してしまいます。そこで、腸内環境を正常にするために酵素を摂る必要があるのです。しかしながら、酵素は熱に弱いことが特徴で、約48度以上の熱で酵素のはたらきは止まり冷やしても復活しません。酵素を豊富に含む食材を加熱処理して食べても、効果的な酵素は摂取できていないのです。「朝活酵素」は加熱処理せず「フリーズドライ製法」で5個の消化酵素を生きたまま粉末にしていることが特性です。生きた酵素は、食べた物の消化や吸収を助ける作用や基礎代謝力を上げることが可能です。よって、腸内環境を改善し便秘解消によるダイエットや脂肪が燃焼しやすい身体作りをすることができるのです。「朝活酵素」には、39種類の酵母菌が含まれています。酵母菌は、身体に必要な蛋白質やビタミン、ミネラル等の養分を多く持つものです。さらに、生酵母は糖質を食べて分解するため、カラダの中に吸収される糖質の量を減らすことができます。なので、生酵母のはたらきで美容と太りづらい体への手助けをすることができるのです。さらに、あわや大麦等7種類の生麹を含んでいます。麹菌は代謝をするときにビタミン類を生成することができる菌のため、美肌や疲労回復に有効的です。

こだわり材料でお腹の善玉菌を手助けする作用が期待できる!

「朝活酵素」に加熱処理した「FK-23乳酸菌」を約六兆個入れることで、善玉菌を手助けする効果が期待できます。加熱処理をすることで、胃酸にやられずに腸まで運ぶことができます。ナノ単位まで小さくなった乳酸菌なので、腸管での吸収が円滑に行われます。よって、腸管の作用を快活にして腸内環境の改良をすることができるのです。生きた菌よりも熱処理をしている方が、約3倍の効果があると言われます。また、「FK-23乳酸菌」は元から腸内にいる善玉菌のエサとなり、善玉菌の育菌活動にも有効的です。善玉菌が多くなると、悪玉菌のはたらきや繁殖を抑制することができます。善玉菌と悪玉菌、日和見菌の三種類の釣り合いをキープするためにも「朝活酵素」で腸内環境の改善をすることが効果的なのです。

朝活酵素の効果を引き出す摂取方法は

「朝活酵素」は、一日約2粒を食事前に摂取していきます。食前に摂ることで、有効な原料が腸に運びやすくなるからです。また、生酵素や生酵母は食物の分解や消化をサポートするはたらきがあり、肥満の元凶になる物質を分解してくれます。このような働きで、糖質や脂質などを分解し蓄積しすぎないようにしてくれます。さらに、生酵母や水溶性食物繊維の難消化性デキストリンが含まれているので、血糖値の上昇を抑えることができます。食事の後は血糖値が上がりやすいので、上昇を抑制することで太りづらい体質にすることもできるのです。飲む時は、水や白湯で飲みましょう。ジュースやカフェインの入ったお茶やコーヒーは成果が低くなります。腸内環境を改善して排便を快調にするには、たっぷりの水分が必須です。飲みやすい水や白湯を十分に飲むことを心掛けるといいでしょう。

もっと効果を出したいなら生活改良も大切

「朝活酵素」の効果をもっと引き出すためには、生活見直しとして食事の内容や運動の方法を改良するといいでしょう。生酵素サプリメントを摂っているからと言って、好きなものやオイリーな食べ物を食べていては意味がありません。野菜をたっぷり食べることやカロリーをカットするなどを気をつけることで、より成果を上げることが可能です。また、腸内環境を向上するためには、程よい運動を心掛けると良いでしょう。激しい運動は交感神経を刺激するので、腸内環境の向上には適しません。腸内環境を改良させるには、副交感神経を優位にすることが大事なのです。ですので、リラックスした状態での運動が適しています。ストレッチ等から取り掛かり、軽めのウォーキングがベストです。腸内に程よく刺激を与えられて、精神的にもリラックスできます。腹筋を鍛えると腸の筋肉も鍛えられるので、便秘がちの人には効果的です。また、腸がアクティブに動くのは午後10時から夜中二時と言われ、その時間の前に食事を終わらせることが理想とされています。できる限り21時までに食事は終了しましょう。さらに、満足な睡眠をとることで自律神経を落ち着かせることができ、腸内環境の改良にも繋がります。