酵素ダイエットをするならファスティングがおすすめ

酵素ダイエットは、体重をダイレクトに減らすというよりも、痩せやすい体質を作ることで体重が落ちやすくなるという減量手法です。酵素を摂り入れる方法としては酵素ドリンクや酵素サプリメントなどがありますが、それを摂取するだけではダイエット効果が出るわけではありません。この記事では、正しい酵素減量の手段やダイエット後の補食等をご紹介していきます。酵素ダイエットを行う上での注意する点にも触れますので、ぜひ参考にしてください。

酵素だけでは減量できない?酵素ダイエットのワナとは?

酵素ダイエットが女子を中心に注目されていますが、酵素を摂り入れるだけでは減量することはできません。例えば、酵素を摂りながらカロリーの高い料理をしょっちゅう食べていたり、寝る時間が短かったり、寝る前に食事をしている等の暮らしをしていると、せっかく酵素を摂っても効果が薄いです。それらは全て体の中に存在している酵素を多く必要とする行為だからです。ハイカロリーの食事を摂ると消化させるのに時間と酵素がたくさん必要となり、消化酵素が多く消費されてしまいます。もちろん、低カロリーの食事であってもしっかり咀嚼しない際には、同様に消化させるのに酵素がたくさん使われます。そして、18時に食事をするのと夜中の1時に食べるのとでは脂肪が蓄積する量が違います。食べる時間帯が遅くなれば遅くなるほどカラダに身につく脂肪の量が増加します。さらに、カラダの中の酵素が作られるのは就寝している時間帯なので、睡眠時間が足りないとカラダの中の酵素の生成量が少しになってしまうのです。このような生活を習慣的に行っていると、もともとは太りにくい体質になるにもかかわらず、せっかくのカラダの中の酵素が奪われ、ダイエット成果が薄くなってしまいます。このように、酵素を摂り入れるだけでは不完全ということです。

酵素ダイエットで減量するならファスティングを!

酵素を摂ることでダイエットをしたい人はファスティングを行うことがお薦めです。酵素飲料を飲んで太りにくい体質になっているからといって普段よりもハイカロリーのものを食べてしまうと、むしろ肥満になります。酵素ダイエットをする際、2つのやり方があります。それは置き換え減量と断食ダイエットの2種類です。置き換え減量は一日三食の食事のうち1食から二食を酵素飲料または酵素サプリメントに置き換えるというものです。また、一食よりも2食の方が効果が大きいのは当然です。置き換え減量よりも高い効果を望むなら断食減量がオススメです。ファスティングとは「断食」を意味して酵素サプリメントもしくは酵素飲料と水分摂取のみで生活するという方法です。成果が一番大きいのは三日間連続で断食ダイエットをすることですが、初めての人には刺激が大きいので、1日からトライしてみるといいでしょう。初めから無茶をして体調をおかしくするとダイエットの意味がありません。

間違った手段は危ない!正しいファスティングの方法

断食減量の正しいやり方をご紹介していきます。用意するものは酵素飲料です。基本的には1日に3回から10回程度摂ります。この規定量をしっかりと守らないとダイエット効果が低いので、きちんと量って摂取しましょう。原液で飲むことができますが、そうすると飲みづらいと感じる方もいます。そのため、水や無糖ソーダなどで薄めた方が飲みやすいですし、継続できます。しかし、酵素は熱に弱いので、絶対に熱いお湯で混ぜないようにしましょう。そして、断食減量中は水分を十分に摂取することも肝心です。というのは、酵素の効果をより一層大きくすることになるからです。1日に最低でも2リットルを超える水を飲むことです。さらに、空腹感が我慢できないときには野菜ジュースや果物ジュースを飲んでも結構です。ただし、必ず100%であることおよび添加物無配合であることが最低限の条件です。因みに、2日目以降に好転反応が起こることもあります。カラダの中の毒素を出すときに起こる現象であり、吹き出物ができる、発熱する、体がだるくなるなどの症状が代表的なものですが、体調が壊れたわけではありません。

どんなものを食べるべき?ファスティング後の補食レシピ

断食減量を実行した後は補食が肝心です。酵素ドリンク以外は何も体内に入れていないので、胃腸が小さくなっている状態です。なので、徐々に食料を摂っていかないと刺激が強すぎて体調がおかしくなる可能性があるのです。ファスティングが完了してから3日以内に通常の食事に戻すと体に悪い影響をもたらす事があります。そのため、三日間は補食期間として必要になります。この期間中は、消化のしやすいものを摂るようにしましょう。たとえば、お豆腐のお味噌汁や野菜スープなどです。また、味付けは濃くせずにできる限り薄くすることも重要です。さらに、化学調味料も胃腸の消化機能に大きな打撃をあたえるので、この期間はできるだけ使わないことです。そうして補食期間が過ぎた後は、普段の食事に戻しても大丈夫ですが、肉類は控え海藻類、野菜、魚等をたくさん摂取する食事をするとリバウンド対策にもなります。